博士とお別れ

 

30日 indibaの開発者のホセ カルベット博士が他界されました

12年前くらいにインディバに魅了されたというか
(インディバの情報が上から降りてきて、インディバを一度も体験せずに購入しサロンを立ち上げて今に至ります)

私がこうしてサロンを継続していられるのも生活していられるのもINDIBAのおかげです

偶然にも博士のお嬢様の名前がLourdesだったり、最初立ち上げたサロンの電話番号が6610だったり、

長崎のLourdesの泉では神秘的な体験をしたこともあり、自分とINDIBAとの関係性は何かしらの意味や繋がりがあるみたいです。

博士がお亡くなりになった時間と重なり、私もその半日ほどはかなり体調が悪く息苦しさを感じて寝込んでいました。

朝方か夜中に目が覚め、なんとなくフェイスブックを覗き、インディバジャパン会長のコメントで訃報を知りました。

私には不思議な体験の意味がわからないのですが「INDIBAを広めること」が使命のようにも感じます

クリック→長崎:本河内教会Lourdesの泉の話

インディバコンベンションや定例会では数多くの機会をいただき表彰や発表で壇上に立たせていただきました。

昨年は都内ホテルで開催INDIBAコンベンションで「インディバの価値の伝え方」について講演、

今年4月にINDIBA社からの招待でスペインINDIBA本社へ8日間会長と旅行、インディバ工場でインディバ社の皆さん、博士・医師・研究員の皆さんと会食もあり実際にお話を聞いてきました。

つい数ヶ月前のことだけに現実とは思えません・・

人である限り肉体には寿命がありますが、魂は永遠に続くので

来世で博士に逢えることを願い

マリア様にお祈りします

CALBET博士のお顔がとても優しいですね

瞳の奥から熱いもの感じます 

下記はINDIBAジャパン山口会長のSNSの写真です

 

予防美容Lourdesルルド駒澤由香ブログ

インディバ東京・東京インディバ ・インディバとは・インディバの効果・インディバのエネルギー・地球を救う周波数・宇宙からの贈り物・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です