You are here: Home > News > 心まん丸に幸せの循環・・・

心まん丸に幸せの循環・・・

もうすぐ節分ですね

1年の節目として節分をとても大切にしているので、2月3日はお正月以上にとてもワクワクします

節分とは「季節を分ける」ことを意味し、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいます。

しかし旧暦では立春が年の始まりにあたることから、いつのころからか節分といえば、立春の前日をさすようになりました。立春を新年と考えれば、節分は大晦日。特別な意味を持つようになったと思われます。

2月3日の節分は大晦日にあたることから、節分の日に邪気を祓い、新年を幸多き年として迎えられるようにという意味を込めて「追儺(ついな)」の行事が行われますが、追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う儀式のことで、新年を迎える行事として中国で行われていたものが、文武天皇の頃に日本に伝わり、宮中行事として行われるようになり、それが次第に庶民にも伝わり、節分行事が行われるようになったそうです

ということで、実は新年にあたる2月4日新年は予防美容Lourdesの誕生日です

2008年2月4日〜丸11年経ちまして 12年目に突入いたします

九州の田舎の小さなサロンより開業し、法人設立にして2年、今日まで継続できましたのも常連のお客様、家族、関係者の皆様のお力で支えていただいたお陰です有り難うございます。

心からのお礼と感謝の気持ちを込めて予防美容Lourdesは今年も

ご来店いただく皆様の心をまん丸にして福に巻めたらいいな〜〜と思っております

公私共に皆様と幸せの循環ができること、これにつきます

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

予防美容Lourdes 代表 駒澤由香

____________________________________________________

■豆まき
豆を撒く風習は、鬼の目を打ち、「魔を滅する」に通じるからという説があります。炒った豆を、年男や一家の主人、厄年の人が「鬼は外、福は内」と大声で叫びながら豆を撒き、邪気や災厄を祓います。
炒った豆を使うのは、生豆を使って拾い忘れたものから芽が出ると再び悪鬼が芽を出してやってくるので良くないといわれているからです。
豆撒き後は、自分の年の数、または自分の年の数+1の豆を食べ、一年の無病息災を願います。
■鰯の頭と柊木
鰯を焼いた時の煙と臭いが厄を祓うといわれ、節分の日には家の入口に鰯の頭を柊の枝にさしておく風習があります。
鬼の嫌がる鰯の臭いと、柊の葉の棘に痛がって、鬼が近寄らないので鬼門封じや厄除けになると昔から言い伝えられています。地域によっては、にんにくやとべらなどの臭いのあるものをそえるところもあるようです。
■巻き寿司のまるかじり
関西を中心に、その年の恵方(年神様のいらっしゃる吉の方角)に向かって無言で太巻き寿司を丸かぶりし、新しい年が良い年でありますようにと願いながら食べるという風習があります。
巻き寿司を使うのは「福を巻き込む」からで、切らないのは「縁を切らないために」といわれています。

_______________________________________________

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply