You are here: Home > News > ビフォーアフター広告の信憑性

ビフォーアフター広告の信憑性

みなさんこんにちは(^^)

今回は少しまじめなお話をします。

タイトルにもありますように、
医療業界において
ビフォーアフター写真掲載NGについて、です(*_*)

なので、同業者や、これから通うエステを探している方くらいにか興味のない内容かもしれません(>_<)

写真・映像処理の性能が進化して、嘘の広告を作る業者が増えたのは事実です
これはエステや医療業界に限りませんが(´`)

一時期ものまねメイクで大ブレイクした方も
本当は合成だったとニュースで見て驚愕したものです

明らかすぎる写真には、加工しているのでは??という突っ込みをしてしまいますが
正直今の加工技術は写真や画面越しで見るだけだと本当に分かりません

まあ、こういった事例は数多く、以前から虚偽の宣伝であると問題視されておりました

平成29年の通常国会では医療法など、一部改正が成立して
インターネット上も含め、いかなる媒体でも虚偽・誇大広告を禁止する~みたいな法案が確定されました

それほど、消費者側からの問題提訴が多かったのでしょう

しかしながら、最近は美容整形も身近になり
顔立ちを変えるというよりも、小さなケアをするという印象で気軽に受ける方も多いです
それほど需要も多くなっているからこそ、こういう問題もでてくるのでしょうね

ただ、ビフォーアフター写真が全面禁止になったわけではなく、
法第6条5第3項の「患者が自ら求めて入手する情報には適切な情報提供が円滑に行われる必要がある」
と、いうものでもあります。

要は条件を満たせば提示オッケーということですね(^_^)b

なので、この改訂で困るのは
虚偽提示していた業者のみで、実際今まで結果を出していた医院・クリニックは特に打撃を受けない、はずでもあります

しかしながら、これは医療に基づいたものです
エステサロンや化粧品業界はそれに準ずることではないのですが
やはり、世間の目は厳しくなっているようです

もちろん等HPに載せている写真などについて虚偽などは全く行っていないので
私どものサロンがもし突っ込まれても問題ありません!と自信をもって言えますp(^∀^)q

医療側の方はそれについて、エステや化粧品業界に多少思うこともあるようですが
私たちも薬機法や景表法にて
虚偽・誇大広告をNGとされることはあります
まあ、それは当然です

結果重視でサロンを選ぶか、周囲の評価で安全性を選ぶか、金額を選ぶかその他か
その基準はひとりひとり違うかと思います

ですが結局は、医療・美容ともに皆様に信頼していただけるよう
常に真摯に取り組むことが一番ということですので
皆様も、クリニックやエステサロンを選ぶ際にはその根本的な部分も見て頂けますと幸いです

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply