無意識を無視してはいけない

 

「大工さんの話」

 

その大工は 高齢でもう疲れていた

そろそろ家を建てる仕事を辞めて、
のんびり暮らそうと思っている

 

雇い主が 個人的な願いで
「すまんが最後にもう一軒建ててくれないか」と頼んだ

 

大工は 仕方なく承知したが、真剣に仕事をする気はなかった

 

コストを抑えた粗末な材料を使い、出来るだけ 手を抜いた

 

キャリアを積んだ 優秀な職人の幕引きには
残念な仕事だったが 家は完成した

 

点検に来た雇い主が玄関の鍵を大工に渡して こう言った

 

「この家はあなたの家です。私からのプレゼントです」

 

大工は ショックを受けた

 

そして、ひどく恥ずかしくなった

 

自分の家を建てると分かっていたら、多分もっと…

 

私たちは、毎日毎日人生という“家”を建てている

 

だが 建てていることに 気づいていない

 

全力を尽くしていないことが多い

 

そして ずっと後になって、自分が作り上げた人生(建てた家)に、一生 住み続けなくてはならないことに気が付く

 

もう一度やり直すことが出来たら?…まったく違うことをするだろうと思う

 

だが その時は もう後戻りは出来ないという話です

 

_________________________________

「自分がしている事が、自分のモノになる。頑張ったら 頑張った分が自分のモノになるが、手を抜いたら 手を抜いた分が今手元にある」

シンプルな法則

仕事においても、子育てにも、恋愛や人間関係においても、若い時は何となく周りに流されてきた私も、最悪の場合は死ぬかもしれない。。という出来事があってから自分の言葉や行動を改めるようになりました。

 

無意識だから気づかない人が多いけど

人は大なり小なり毎日嘘を重ねている

明日があると思わないと決めると

嘘に敏感になる

嘘の波動がある

言っても聞いてもモヤモヤする

これで今お付き合いのある方達が側にいる♡

 

損得  or  尊徳

 

今日も自分にご機嫌よう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルルド駒澤

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です